'Aπ?κ?λυψι?  ヨハネの黙示録




FAUT-IL  TOURNER  LE  SCORPION?

FAUT-IL  TOURNER  LE  SAUTERELLE?

 

蠍を回すべきか、飛蝗を回すべきか?

飛蝗―バッタ―

 

 

 

中世:暗黒時代 

宗教が主導 輝かしい文化を誇ったギリシア・ローマ時代も、5世紀後半の西ローマ帝国の滅亡とともに終わりを告げた。

その後ヨーロッパでは文明の進展も停滞し、中世の暗黒時代に没入した。
そして、防除法などもますます「神頼み」、すなわち宗教的色彩が濃くなった。  

この時代にもバッタ(飛蝗)が害虫の代表格であった。

トノサマバッタ類はしばしば大発生し、長距離を群飛しながら緑という緑を暴食して凶作や飢饉をもたらすからである。 

当時は宗教(とくにキリスト教)が日常生活に広く深くかかわっていたので、教会(聖職者)が害虫防除の分野でも重要な役割をはたしていた。 

たとえば西暦666年、プロイセン(ドイツ北部)の聖マグヌスは聖コロンバと共同で、飛蝗やその他の害虫を「破門」した。
この破門という措置は、神の庇護を失うことになるのだから、生きとし生けるものにとっては苛酷な処罰であった。

また875年、ドイツのライン川流域に飛蝗が大発生したとき、聖職者たちは隊を組んで現地におもむき、神霊を安置して害虫の鎮圧を祈願した、という記録がある。 

一方、地中海のキプロス島では1411年、1人の聖職者が飛蝗の大群によって命を落としたという。まさに「害虫戦争」である。

ヨーロッパでは11世紀ごろから自然の征服が始まり、それに付随して動物裁判も興った。これにも聖職者が主役を演じている。この動物裁判は1120年、フランスのラン市で司教がブドウの毛虫と、野ネズミを破門したときのものが最初である。 

それ以来、作物を荒らす、群れて不快である、鳴き声がうるさい、気味がわるいなど、人間本位の理由により多くの動物が裁判にかけられ、破門などを宣告されるようになった。

その種類は、昆虫ではバッタ、ゾウムシ、コガネムシ、ハチ、アリ、チョウ、アブ、ハエ、青虫や毛虫など、その他の動物では、イルカ、ネズミ、モグラ、スズメ、ヘビ、ナメクジ、ミミズやヒルなど広範囲にわたる。 

この裁判には人間の場合と同様、被告(動物)には弁護士がつけられ、判決までには所定の手続きを踏むようにして公正を期したのである。動物も出廷を命じられたが、最終的には被告欠席のまま破門の判決がくだされる場合が多かった。ただし、その前段階で祈祷、悪魔祓いの儀式(聖水散布、呪文)などがおこなわれたり、現場からの退去命令が発せられることもあった。 以上のような動物裁判は、まずフランスに興り、それからヨーロッパ各地に広がって18世紀前半まで続いたのである 。

 

「バッタ」について調べていてこんな事実が判明。
とにかく「バッタ」は破門され、裁判にかけられるほどの嫌われ者だったらしい。

こんな迷信めいた事はさすがに18世紀前半まででしょうが、農業国フランス、その中の酪農の盛んなノルマンディー地方でこの昆虫が嫌われている、と言うくらいはあったかもしれません。


エリックが害虫・バッタに自分を重ねている、と言うのは考えすぎかもしれませんが、ケイ版では「蜘蛛」に自分を重ねて怒り、滔々とクリスティーヌに向かって自論を展開するエリック、と言うのも描かれていたりします。


「バッタの大群」で忌み嫌われ、排除されています。

原作では「オペラ座の大勢の観客達の死」をもたらします。

「立場の逆転」「追われ、迫害される者の逆襲」――狩られるのは「美しく着飾ったお歴々」――結婚を承諾して命を贈れ、と詰め寄るのにふさわしいかな、とも思ったりします。

 
ルドンによる黙示録  飛蝗が描かれている

 


第五の天使がラッパを吹いた。

すると、一つの星が天から地上へ落ちて来るのが見えた。

この星に、底なしの淵に通じる穴を開く鍵が与えられ、それが底なしの淵の穴を開くと、大きなかまどから出るような煙が穴から立ち上り、太陽も空も穴からの煙のために暗くなった。

そして、煙の中から、いなごの群れが地上に出てきた。このいなごには、地に住むさそりが持っているような力が与えられた。いなごは、地や草やどんな青物も、またどんな木も損なってはならないが、ただ、額に神の刻印を押されていない人には害を加えてもよい、と言い渡された。

殺してはいけないが、五か月の間、苦しめることは許されたのである。いなごの与える苦痛は、さそりが人を刺したときの苦痛のようであった。この人々は、その期間、死にたいと思っても死ぬことができず、切に死を望んでも死のほうが逃げてゆく。(ヨハネの黙示録9−1)


デューラー「七人のラッパを吹く天使」

1497-98年ごろ


聖書からのイナゴ、バッタに関する描写から。
(尚パプテスマのヨハネがイナゴを食べていた、と言うのもあった気がするが除外)

 

この場面からは

「(爆発による)煙」

「底なしの淵(地獄)」

「かまど」(原作の中で少なくとも二回地下への行き来にクリスが目撃)

「太陽(神、光、幸福?)も空(パリの)も穴からの煙のために暗くなった(エリックのぱリ・コミューン時代の弾薬庫からの煙で暗くなった)。

「煙の中から、いなごの群れが地上に出てきた」(呪われ、駆除された物の呪い、水の精の群れがオペラ座の地下からいよいよ地上に現れた)

「このいなごには、地に住むさそりが持っているような力が与えられた」(大量破壊兵器とまではいかないがその時代の殺傷能力の高い技術を持っている)

「額に神の刻印を押されていない人には害を加えてもよい、と言い渡された」(エリックの呪いを避けるためには金の指輪が必要。彼に忠誠を誓えば死を免れる)

「この人々は、その期間、死にたいと思っても死ぬことができず、切に死を望んでも死のほうが逃げてゆく」(拷問部屋での説明のとおり『死ねる事』は幸運な事である=恵みとしてのパンジャプの紐=死ぬ事すら許されなかったエリック)

 

「黙示録」のギリシャ語の原語「アポカリプス」は「開封する」「ふたを開ける」「幕をはずす」と言う意味を持ちます。黙示録は、これから起こることを明らかにする預言書なのです。

飛蝗の入った「黒檀の小箱を開ける」と黙示録的な壮絶な世界が展開する、の意か・・・?


「第五のラッパ吹き」で現れる者とは?

『ヨハネの黙示録』第9章1節にてラッパを鳴らす。 それにより、アバトンを呼び出す。


アバドン(Abaddon)は『ヨハネの黙示録』に登場する奈落の王で、ヘブライ語で「破壊」「奈落の底」「滅ぼす者」を意味する。

5番目の天使がラッパを吹く時に、天使として蝗(イナゴ)の群れを率いながら現れ、人々に死さえ許されない5ヶ月間の苦しみを与えるという。

蝗害が神格化されたものだと考えられている。

 また奈落の主とも言われ、奈落の鍵を管理していて、千年の間、サタンを閉じこめていた。キリスト教などでは堕天使の一人とされ、ルシファーと同一視されることもある。

底なしの穴、深淵などの同義語として使用されることもある。

ギリシャ語では「破壊者」を意味するアポリュオンアポルオン、Apollyon)と呼ばれている。 

 

※ 奈落は、ホール・劇場などにおけるの舞台機構の一つ。
舞台の真下のスペースや、花道の床下をいう。回り舞台や迫り出しの装置があり、通路にもなる。ホールによってはオーケストラピットも兼ねる装置を奈落と呼称する例もある。

この空間が「奈落」と呼ばれるようになったのには、一般的には暗くて深い所に位置するからと言われるが、一説には華やかな演劇舞台の陰に嫉妬や怨念が潜んでおり、この場所では霊的な現象などを含め、事故など様々な事象が起こることがあるからともいわれる。

※ 「エリック=ルシファー」と言うのはケイ版にも出てきたような気がします。管理人、「エリック=ルシファー、クリスティーヌ=ミカエル」的な妄想があるのです。クリスって結構強いし・・・。
http://homepage3.nifty.com/onion/monster/devil.htm